大阪の鰻料理店うなぎ おかやま/うなぎ料理、うな重、ひつまむし(ひつまぶし)は、大阪の「うなぎ おかやま」へ

大阪の鰻料理店うなぎ おかやま
うなぎのよもやま話
トップページ > 鰻のよもやま話
うなぎの焼き方の種類
うなぎの焼き方は、大きく分けると「地焼き」と「江戸焼き」の2種類があります。
焼き方の違いは、蒸してから焼くか直接焼くかの違いです。

鰻の焼き方の種類まず、鰻料理の発祥の地ともいわれている島根や関西地方で広まった焼き方は、「地焼き」です。「地焼き」は、身を腹から開き、長い金串を扇に打ち、それを白焼きにします。そして、タレをつけて焼き上げる手法のことです。 次に「江戸焼き」は、関東で広まった焼き方で、身を背から開き、頭とヒレを落とし、半分に切って短めの竹串を打って焼きます。そして、白焼きにした後、蒸して脂を落としてからタレ焼きにします。

つまり、蒸してからタレ焼きをするか蒸さずにタレ焼きをするかが大きな違いになります。

大阪の鰻料理店うなぎ おかやま/鰻重(うな重)、ひつまむし(ひつまぶし)は大阪の「うなぎ おかやま」へ


まむし=鰻丼
鰻丼鰻丼のことを、関西の特有の呼び方で「まむし」といいます。なぜ、「まむし」と呼ばれるようになったのかは、色々な説があり、未だ謎ですが、最も有力な説は、鰻飯(=まんめし)がなまって、「まむし」と呼ばれるようになったのでは?と言われています。ちなみに、名古屋には、お櫃にご飯を入れて刻んだ蒲焼きをのせた「ひつまむし」(当店のおしながきにも「ひつまむし」がございます)という鰻丼があります。
この「ひつまむし」という名は、お櫃に鰻を「まぶして」あるからです。

ひつまむしと鰻丼の違い
「ひつまむし」は、「お櫃にうなぎをまぶす」という語源からついた名です。さて、「ひつまむし」は「鰻丼」に似ていますが、何がちがうのでしょうか?大きく違う点が一つあります。「ひつまむし」は、必ずセットで薬味とダシが付きます。なぜ、薬味とダシが付いてくるのか?それは、この「ひつまむし」という料理が一つの料理で3つの味を楽しめるためです。まず、一膳目は、お櫃からお茶碗によそってそのまま食べる鰻丼の味。2膳目は、薬味をかけます。薬味をかけることによって、蒲焼き独特の臭みを消して上品な味を味わいます。そして最後の3膳目は、ダシをかけてお茶漬けの感覚で食べる。という3つの味を一つの料理で堪能できるのが鰻丼との大きな違いなのです。「ひつまむし」は名古屋発祥ですが、当店でも「ひつまむし」をご用意しておりますので、是非お召しあがり下さいませ。
ひつまむし(ひつまぶし)

鰻料理
「鰻料理」と言えば、蒲焼と思われがちですが、実は鰻料理は種類が豊富なのです。どうしても鰻は、丼やお櫃のご飯とセットものと思われていますが、ダシ巻き卵で蒲焼を巻いた「う巻き」やきゅうりとともに三杯酢で食べる「うざく」などもあります。当店では、様々な鰻料理をご用意しております。是非色々な鰻料理をお召しあがり下さい。

夏バテに効く?
江戸時代、土用の丑の日に鰻を食べる習わしを発案した平賀源内。この鰻の効用は、万葉集にも次のように詠まれています。

「石麻呂に 吾れ物申す 夏やせに よしといふものぞ武奈伎(=うなぎ)取り召せ」

その当時、鰻の栄養についてどれだけわかっていたかは不明ですが、現在では、非常に夏バテ防止になる食材として認められています。鰻はビタミンAを非常に多く含んでおり、1/4尾で、一日の摂取量をクリアできます。また、ビタミンB1も多く含んでいます。現代まで、夏バテ防止の食材として習慣になっているのも納得できますね。

大阪の鰻料理店うなぎ おかやま/鰻重(うな重)、ひつまむし(ひつまぶし)は大阪の「うなぎ おかやま」へ

大阪市中央区日本橋1−16−20
地下鉄「堺筋線・千日前線 日本橋駅」 9番出口よりすぐ
アクセスマップの詳細はこちら

鰻(うなぎ)のよもやま話

大阪の鰻料理店うなぎ おかやま

おかやまバイクパーキング